生命保険の受取人

生命保険の受取人と比較

生命保険の受取人は法定相続人

生命保険の受取人というのは、その保障の対象者の死亡時に給付金を受け取る人のことです。給付金を受け取る人については、法定相続人に自動指定されているのが一般的です。法定相続人は、配偶者が一番目そして子供が2番目に定められています。法定相続人以外の人が給付金を受け取れるようにしておきたい時には、生保会社が別途定める受取人指定についての届け出の手続きが必要です。会社によって異なりますが、給付金を受け取る人を指定する際には契約者・被保険者・給付金を受け取る人それぞれについて印鑑証明書や同意書、戸籍謄本などが必要になります。

生命保険の加入と見比べ

人生これから何があるかわかりません。万が一の時に備えて置けば憂いなしと言いますから、生命保険の加入をしないよりはしていた方が良いでしょう。家族がいるのであれば、加入はしておいた方がいいです。例え安くてもしないよりは何かあった際には、これからの生活を考えれば助かります。今は、高い保険ばかりでなく手頃で加入できるものがあります。共済などは、必ずしも掛捨てでなく余剰金が戻ってきます。その分、まったく損した気分にはなりませんし、加入していることで安心も得ることが出来ます。色々と見比べて、加入検討をしてみてください。

生命保険に関する情報

↑PAGE TOP